いざというときに本当に使える、本能的な動きを応用した護身術

自分や大切な人の身体に危害が及びそうになったとき、あなたは攻撃から身を守れますか?そんな事態はそもそも考えたくないという人がほとんどでしょうが、残念ながら、暴力は現実に存在する問題です。

ディフェンスラボは、ルールが全く無いストリートファイト(実戦)を想定していますが、最良の護身術は「危険な状況の回避」「争わない」というのが一番理想です。「相手とぶつからない」「敵対しない」ことです。

しかし、どうしても避けられない状況に陥ることもあります。そのときに護身術が役立ちます。護身術にはルールがなく生命を守るのが最優先なので、ディフェンスラボでは格闘技の一般的な禁止ルールもお構いなしです。

そして緊急時に自然に体が動くかどうか、も大切な護身術の要素です。暴力が避けられない状況に陥った場合に、自分の身を守るために、瞬時に対応出来るよう、人間が本能的に持っている条件反射の動きを取り入れているため、覚えやすく忘れにくいのです。これは護身においてとても重要な部分です。